サイト内検索

‘速度’ タグのついている投稿

無線ルーター(親機)の選び方と無線規格の選択について

2017/09/16

a7d7d054db284ed6d21eeaba6598b2c1_s

無線のスピードが遅いと感じる場合に

障害物や電波障害などいろいろな問題が考えられますが

そもそもの規格を確認してみたほうが良いかもしれません。

無線の規格には

「11a」・「11b」・「11g」・「11n」・「11ac」

とあるのですが

それぞれに特徴があります。

  1. 「11a」54Mbps

    電子レンジなどの家電製品やBluetoothの電波干渉を受けにくい
    障害物に弱い

  2. 「11b」11Mbps

    ・電子レンジなどの家電製品やBluetoothの電波干渉を受けやすい
    ・障害物に強い

  3. 「11g」54Mbps
    ・電子レンジなどの家電製品やBluetoothの電波干渉を受けやすい
    ・障害物に強い

  4. 「11n」300Mbps ちょっと前までの普及帯

    2.4Ghz
    ・電子レンジなどの家電製品やBluetoothの電波干渉を受けやすい
    ・障害物に強い
    5Ghz
    ・電子レンジなどの家電製品やBluetoothの電波干渉を受けにくい
    ・障害物に弱い

  5. 「11ac」6.9Gbps

    5GHz
    ・電子レンジなどの家電製品やBluetoothの電波干渉を受けにくい
    ・障害物に弱い


2.4Ghz帯は 障害物に強く 電波干渉を受けやすい

5Ghz帯は 障害物に弱く 電波干渉を受けにくい

と覚えておけばよいでしょう。


障害物がネックになっている環境では

2.4GHz帯 を使用することがベストですが

逆に電波干渉を受けている環境では

5Ghz帯 を使用することがベストです。

この選択を誤ると、無線接続がプチプチきれたり

接続が不安定になります。


無線規格についてはルーター側で殆どの場合

自動で選択されるようになっております。

一部規格を固定するものもあるようですが、状況に応じて

最速になる規格で通信できるようにしておかなければ

これはこれで瞬断の原因にもなります。


11acが転送速度 6.9Gbps で普及帯で最速になります。

単位に注意して下さい 6.9Gbps というのは 秒間6.9MB(メガバイト)

のデータを転送できるのではなく


6.9bps(メガビット) = 6.9 / 8 = 862.5MB

ちょっと前の普及帯 11n では 300Mbps = 37.5MB


と単位が違うので注意して下さい。

これだけ見ても大幅に速度が違いますよね。

少し前の普及帯 11n の37.5MBが最速値となると

実測はその半分以下になる可能性もありえます。


これは USB2.0 の実測値と同程度のスピードです。

大量のハードディスクのデータをUSB2.0で

転送した事がある方にはおわかりでしょうが

USB2.0でのギガ単位のファイル転送はものすごく時間がかかります。

11acなら最大速度、理論値で 862.5MB だせますので

この差は歴然となるでしょう。

ただし、現在販売されている親機(ルーター)では理論値MAXで出せる

機種は存在しませんが・・・・。

やはり実測値での有線LANの優位性にはかないません。

無線の場合は電波障害やロスが多すぎて

結果的に有線LANが早くなる場合がほとんどです。

理論値は11acが有線LAN速度 1Gbps の速度を超えていますが

実際はそこまでのスピードは出ません。


頻繁にファイルの転送を行うような使い方をされる場合は

実測値、安定性から有線LANでのファイル転送をおすすめします。

無線接続(Wifi接続)が切断される場合など

2017/09/03

b947d5d5e70c0ece0f904cc0e05b6995_s

無線接続(Wifi接続)ですがブチブチと切断される場合があります。

ルーターの設定で改善される場合もありますが

そういった場合はまずはアンテナ状況を確かめてみましょう。

タスクバーの右下にアンテナが出ているはずです。

それがフルに立っていれば正常

少しでもかけていれば電波状況が悪い状況です。

電波状況を把握するためのソフトなら

簡単に電波強度を測ることができます。

自宅の中でも電波の強弱があって、繋がりにくい場所もあれば

つながりやすい場所がありますのでぜひ探してみて下さい。

当たり前なのですが親機の隣が一番強度が強いです。

デスクトップパソコンの場合などはパソコンラックの下に

筐体を置くと電波強度が不足になりがちです。

机の上に上げるだけでも違うものですよ。

一番良い方法は中継器を使って家全体のWifi電波の強度を

上げることです。

最近では中継器も5000円以下で購入できますし

あまったルーターがあればそれを中継器として

使用できるかもしれません。

ただしWifiというのは電波を使いますので不安定感は否めません。

無線の電波というものはそこまで安定してません!

電子レンジの使用やまわりの無線状態によっても速度低下が見られます。

やはり回線の最高速度をだすには有線LAN接続をおすすめします。

無線接続から有線接続に変えただけで

倍以上の体感速度が得られる場合もあります。

配線だけが厄介ですが、それも最初だけ。

僕はもっぱら有線LANでインターネットを使用しております。

暗号化されているとは言え

空中を文書が飛び交う状態はどうにも好きになれないんですよ。

場合によっては盗聴される可能性もありますし。

でもまあ、そんなことを言ってしまえばwindows10自体が

スパイウエアだと言うことになってしまいますが・・・・。

 

wimax2+を契約して2ヶ月目感想、岐阜市速度

2017/08/21

3fead2fdfef77273a1a75fe6c336f477_s

wimax2+を契約して2ヶ月目ですが、普通に使えますね。

ここは電波塔から2キロ以内で比較的近いせいもあって

昼で実測80Mbpsはでてます。

これは一昔前の光回線100Mbps時代の実測値を上回っています。

ただし3日で10Gまでの制限がありますが

通常使用で困ることはまずありません。

持ち運べるメリットもありますので、下手なプロバイダで契約する

よりはWimax2+の方が良いのではないか?というぐらいです。

というのも一部の高額キャッシュバックうたっているプロバイダは

低速SIM並のスピードしか出なかったりするのです。

(夜は1Mbpsもでない固定回線があるぐらいなんです)

そういった意味でも個人的にはWimax2+には大満足で

固定回線でダウンロードや動画を一日中流しっぱなしにするような

ヘビーユーザー以外は不要ではないでしょうか。

PCサポートをしている私でさえ3日で10Gは

そこそこ使える量だと感じました。

 

★最新のお知らせ
営業日等変更しました!
ご依頼につきましては上部タブのフォームメールもしくはお電話(050-3706-9615)にて受け付けております!
★お気軽にご相談下さい
「パソコンサポート健太郎」は岐阜市内出張料金無料で営業しております。※一部地域除外 出張して診断だけでも歓迎です♪些細なトラブルでも結構ですのでお気軽にご相談ください
★おすすめ情報
遠隔操作にてパソコンのトラブルに対応できます。遠隔操作ですと遠方でも出張料が掛かりません!特に出張料金がかかる地域にお住まいのお客様や、素早い対応が必要な場合に特にオススメしております。お電話の際にご相談下さい。
★新品PCの手配と設置
新品パソコン(本体のみ)を6万円~お手配できます。 ご購入されたパソコンは当方でインターネット、メール、プリンター、ウイルスソフトの設定を行い、現地まで設置させていただきます。 別途ソフトウエアが必要な場合はご相談下さい。
対応エリア
岐阜市 本巣市 大垣市 各務原市 瑞穂市 方県市 羽島市 本巣郡北方町 揖斐市その他地域でもご相談いただければ出張いたします!※有料出張地域を別途ご確認ください
主な業務内容
パソコン技術サポート
パソコン修理、増設
パソコンの手配
ネットワーク構築
ネットショップ開設サポート
個人、中小企業IT顧問
その他IT相談
ご連絡先
パソコンサポート健太郎
<営業時間>
こちらをクリック
※上記営業時間外でもご相談の上、対応可能です。
<受付>
メールフォームまたは
IP電話 050-3706-9615
健太郎のつぶやき